不倫慰謝料 Q&A
Q: 不倫すると、法律的にどう問題になるのですか?
A:

不貞は民法上の不法行為ですから、不倫された側から不倫した側に対する損害賠償請求という形でまず問題となります。(損害は金銭で評価されるので、金銭賠償の請求です)

また、不倫の事実は離婚の成否にも影響があります。不貞をはたらいた配偶者はいわゆる有責配偶者となり、有責配偶者からの離婚請求は相手方配偶者が同意しない限り非常に認められ難くなってきます。逆に相手方配偶者が不貞をはたらいた場合、もう一方はその不貞を離婚原因として主張することで裁判離婚が認められ易い方向になります。
不倫は、このように民事上の請求権に影響のある事実として問題となり、不倫をしたからといって犯罪として警察が出てくるようなことはありません。

ただ、くれぐれも注意して頂きたいのは、刑事罰を課されないとはいっても、不倫は決して軽い問題で済まされる事柄ではないという事です。
個人間で話し合いをしている段階ならばともかく、慰謝料請求側に弁護士が付いたなら、それはもう訴訟を背後に控えた臨戦態勢を意味していると考えたほうがよろしいでしょう。

訴訟になれば、メールや写真など全ての証拠が公開法廷で明らかにされます。訴訟が進んで証人尋問に至れば、あなた自身が法廷に呼び出され、宣誓の上で真実の証言を求められることになります。もし嘘の証言をするようなことがあれば、偽証罪として刑事罰の対象ということも在り得るのです。

不倫慰謝料請求の裁判は、判決が出る前に和解で終了することも多々ありケースバイケースですが、不貞をした側が相当の金額を支払わなければならないことも珍しくありません。
当事務所では不倫慰謝料を請求する側、請求される側いずれのお手伝いも可能ですが、請求される側の場合にはある程度の支払自体は覚悟していただく必要のあるケースが多いかと思います。

軽い気持ちで流された行為の責任が、後々になって重くのしかかることになりますので、重々注意が必要です。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
名古屋市中村区名駅三丁目26番19号 名駅永田ビル5階
清水綜合法律事務所 http://www.shimizu-lawoffice.jp/
弁護士 清水 加奈美
TEL:052-587-3555
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【ウインドウを閉じる】



不倫慰謝料 相談申込フォームへ | 清水綜合法律事務所 ホームへ