愛知県名古屋市の弁護士 交通事故・離婚など、お困りの際には名古屋駅前の法律相談をご利用下さい。

清水綜合法律事務所 Shimizu Law Office
ホーム
弁護士・事務所紹介
費用一覧
事務所周辺地図
顧問弁護士のご案内
交通事故
離婚
相談申込フォーム
解決までの流れ解説
離婚 Q&A
不倫慰謝料
相続・遺産分割
相続放棄
刑事事件
債務整理・破産
その他民事事件
プライバシーポリシー
リクルート
リンク
サイトマップ
コラム
弁護士清水カナミのブログ
■運営者:
 清水綜合法律事務所
 弁護士 清水加奈美
 所属:愛知県弁護士会
 (旧名古屋弁護士会)
■事務所周辺地図
■対応地域
 ・名古屋・愛知県
 ・岐阜県
 ・三重県
  その他東海近隣地域
離婚 解決までの流れ解説
1. 法律相談
まずは、あなたのお気持ちをお聞かせ下さい。
注意すべき点や、予想される解決方向などをアドバイスした上で、弁護士がお手伝いできる内容や、弁護士費用等をご説明します。
※法律相談は、30分につき5,250円(税込)となります。
2. 正式依頼
弁護士がご提案する方針にご納得を頂き、弁護士と相談者様双方の意思が一致した場合、正式な依頼として契約書にサインを頂き、受任となります。
3. 解決に向けた活動(一般的なケースの例です)
(1) まずは相手にお手紙を出して、今後は弁護士が窓口になりますという連絡をします。
(2) 相手と話し合いの場を持ち、相手に直接お会いして、解決に向けて交渉します。
 解決金の額や、お子さんの面接条件などで相手方と折り合うことができれば、その内容を書面にて取り交わします。お望みであれば、公正証書などより効力の強い書面の作成も致します。
(3) 話し合いの場で折り合うことができなければ、調停の申立をします。調停の期日には弁護士も出席し、調停委員と直接お話し、あなたの希望を代弁します。
 調停が成立すれば裁判所が調停調書という書面を作りますので、調停調書の正本を受け取ることになります。
 なお、離婚事件の場合は、裁判の前に調停を必ず経なければならないとされています。
(4) 調停が不成立になれば、裁判で事件を解決することになります。裁判では、書面や証拠を提出したり、尋問を行ったりして、あなたにとって利益となる活動を行います。裁判の途中で和解が成立することもありますが、最終的には判決が出て裁判は終了します。
4. 事件終了
解決に至るまでの流れや今後の注意事項等をご説明して、全て終了です。お疲れ様でした!
離婚 相談申込フォームへ
copyright © 2007 Shimizu Law Office. All Rights Reserved. 運営:清水 加奈美