名古屋駅前の弁護士 相続放棄の法律相談
名古屋駅前すぐ、弁護士清水加奈美の法律相談

○相続放棄Q&A(2)


電話予約:052-587-3555
メールでの相談予約はこちら


Q:相続放棄するのにかかる時間は?
A:戸籍などを取得済でない場合、弁護士があなたの代わりに郵送で戸籍の取り寄せをします。また相続放棄の申述は、被相続人(亡くなった方)の最後の住民登録地の家庭裁判所に行いますから、遠方で亡くなられた方の場合には、相続放棄の書類も管轄裁判所へ郵送で発送することになります。このような書類のやりとりをする時間をまず想定する必要があります。書類が裁判所に届いた後、今度は裁判所がご本人の住所に意思確認の書類を発送しますから、必要事項をご記入の上で裁判所まで返送をして頂くと、裁判所で手続が進みます。
こうした手続がスムーズに進めば2週間程度で相続放棄の手続が全て終わることもありますし、状況によってもう少し時間がかかる場合もあります。基本的には弁護士が全ての手続を進めますが、ご本人様が意思確認書類を裁判所に返送して頂かなければ、手続が進みませんのでその点はご注意下さい。

Q:相続人全員で話し合ってからの方がいいですか?
A:相続放棄するかどうかは、それぞれの相続人が単独で決められることです。相続人の一人が立場を明らかにせず、時間だけが過ぎているというケースも目にしますが、相続放棄は期限内に申述する必要がありますから、あまり迷っている時間はありません。亡くなった方に多額の負債があるような場合、他の相続人のお気持ちはともかくとして、まずあなたの生活を守ることを優先して頂きたいと思います。

Q:相続放棄の証明書などがありますか?
A:当事務所では、業務完了時に相続放棄申述の受理証明書というものを取得し、依頼者にお渡ししています。亡くなった方の債権者から、相続放棄したことの証明を求められた場合、この証明書を提示していただればと思います。

◆相続放棄TOPに戻る
◆相続放棄Q&A(1)
◆相続放棄Q&A(3)
◆相続放棄の流れ


電話予約:052-587-3555
メール相談予約はこちら

◎弁護士の紹介
◎弁護士 清水カナミのブログ

1: HOMEに戻る
2: 相続放棄TOPに戻る
3: 相続放棄Q&A(1)
4: 相続放棄Q&A(3)
5: 相続放棄の流れ

6: 債務整理とは
7: 過払い金請求
8: 任意整理
9: 自己破産
10: 個人再生
11: 交通事故
12: 不倫慰謝料
13: 離婚
14: 立ち退き請求
15: 顧問契約

16: 弁護士費用
17: 事務所地図

電話予約:052-587-3555
メール相談予約はこちら

■事務所概要・営業時間

名称:清水綜合法律事務所
運営:弁護士 清水加奈美
所在:名古屋市中村区名駅3-26-19 名駅永田ビル5F
※名古屋駅の正面、大名古屋ビルヂングのすぐ裏、ローソンのあるビルの5階です。
業務時間:平日9:30〜18:30
※土日・夜間の法律相談も対応可能となっておりますので、別途お問い合わせ下さい。

◎弁護士 清水カナミのブログ
◎債務整理専用サイト(携帯用)
◎弁護士コラム
PCサイト:名古屋の弁護士 清水綜合法律事務所

Copyright © 2008 Shimizu Law Office. All Rights Reserved.